MENU
price2_01_main

料金について

入れ歯・義歯の料金

総入れ歯・義歯の費用ですが、患者様一人ひとりの状態や症状、体に合う材質によって異なります。
そのため、一律の価格としてご提示できかねてしまいます。
費用については初診時に説明させていただき、お見積もり書をお出ししますので、お気軽にご相談ください。

料金の目安

参考までに各種の義歯の費用を下記にご提示いたします。

種類・材質費用(税別)
金属床(コバルトクロム合金)30万円
金属床(チタン合金)35万円
レジン床30万円
コンフォート加工18万円
種類・材質費用(税別)
ノンクラスプ義歯1本 14万円
2本 18万円
3本以上 25万円
ミラクルデンチャー1本 14万円
2本 18万円
3本以上 28万円
金属床28万円

治療期間について

治療期間は、患者様のあご(関節なども含む)・全身などの状態や症状によっても異なりますが、
「治療用の仮入れ歯・義歯の調整」や「即時義歯(歯を抜いてすぐ入れる仮入れ歯・義歯)の調整」については、平均3ヶ月~6ヶ月とお考えください。

「新しい総入れ歯・義歯の完成、調整、終了期間」は、平均1ヶ月~3ヶ月になります。
※ただし、難しい症例の場合はもう少し長くかかることもございます。

当院の入れ歯・義歯には保証期間があります

当院では保険外診療の義歯に関して規定年数の保証を設けております。
通常の使用で、保証期間内に破損した場合には、無料で修理、または再度作製させていただきます。
※落として破損した場合を除く。

当院で入れ歯・義歯を作製された方には、安心してお使いいただきたいという思いを込めた、保証制度となっております。
但し、医院の指定する定期健診での来院及び医院の指示に従っていただくことが条件となります。

保険と自費の違い

保険治療と自費治療の違いについて「材料がいいか悪いかだけで、作り方は同じでしょう?」と思っていらっしゃる方も少なくないでしょう。
確かに制度上、保険治療に使われる材料は限られていますから、見た目や機能がいい材質、高価な金属を使う場合は実費負担になってしまいます。
しかし、限られているのは材料だけではありません。
実は時間と技術の差こそが、保険と自費の本当の違いなのです。

総入れ歯・義歯は本格的に作ろうとすると、高度な技術と、それに見合った時間が必要です。
当院では「長い目で見たときに患者様にとって本当によい方法を」考え、永く快適に使える自費治療の総入れ歯・義歯を作製しております。

どんなに高価な金属を使った自費治療でも、痛くてよく噛めなかったり、外れやすい総入れ歯・義歯では意味がないと考えております。
同じ自費治療でも、高価な金属を使うだけで丁寧に時間をかけず、治療に工夫せずに総入れ歯・義歯を作ってしまう・・・。
これでは、せっかく高い治療費を払ったのに、痛くてよく噛めなかったり、外れやすくなったりと最終的には全身の健康を害してしまうことにもなりかねません。
自費治療であるからには、総入れ歯・義歯は徹底したオーダーメイド品であるべき、と考えております。

当院では、下あごと骨格のゆがみの細やかな診査・調整を行うとともに、保険治療にはない薄くて吸着のよい精密な総入れ歯・義歯を作製しています。

© 2018 下北沢西口歯科クリニック navico