MENU
kind_01_main

最新の義歯種類

最新の義歯種類

当院では総入れ歯・義歯の材質について、まず患者様のご希望をお聞きした後、口の中の状態やアレルギーがあるかどうかを診査し、もっとも良いと思われる方法を提示させていただきます。
そして、最後に患者様に決めていただいております。

※ご紹介している義歯は全て自費診療です。保険診療の義歯に関してはお問い合わせください。

総義歯の種類

レジン床義歯

一番多く使われる材料ですが、従来の製作法ですとレジン製の総入れ歯・義歯は生成時に収縮しやすく厚みもあるため、違和感があると言われていました。
しかし、当院では超精密な入れ歯・義歯を作る製法にておつくりしますので、非常に薄くてフィットする総入れ歯・義歯を作ることが可能です。
(ただし下の総入れ歯・義歯は、あごの状態により多少厚くなることがあります)

金属床義歯

総入れ歯・義歯の床(下に当たる部分)を金属でお作りするので、丈夫で長期使用でも割れにくく、また耐久性がよく熱も伝わりやすいので、お食事の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。
また、非常に薄いため違和感が少なく、4種類の材料の中で最も喋りやすいと思います。

コンフォート(生体シリコン)義歯

コンフォートは硬い入れ歯・義歯の裏面を、生体シリコンというクッションで覆った総入れ歯・義歯です。
生体シリコンは弾性があり、入れ歯・義歯でグッと噛んだ時の歯ぐきにかかる負担を和らげるとともに、吸盤のように密閉性があるので、吸着力がよいことが特長です。
しかし、入れ歯・義歯の厚みが増すため、患者様によっては違和感を感じる場合もございます。

部分義歯の種類

ノンクラスプ義歯

材質はプラスチックでできており、バネがないので目立たない義歯です。
厚みが薄いため、違和感が少なく作製することができます。
また、金属のバネでないため、周りの歯に負担が少なく保険の入れ歯より弾性もあって装着感が良い義歯です。

金属床義歯

総入れ歯・義歯の床(下に当たる部分)を金属でお作りするので、丈夫で長期使用でも割れにくく、また耐久性がよく熱も伝わりやすいので、お食事の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。
また、非常に薄いため違和感が少なく、4種類の材料の中で最も喋りやすいと思います。

コンフォート(生体シリコン)義歯

コンフォートは硬い入れ歯・義歯の裏面を、生体シリコンというクッションで覆った総入れ歯・義歯です。
生体シリコンは弾性があり、入れ歯・義歯でグッと噛んだ時の歯ぐきにかかる負担を和らげるとともに、吸盤のように密閉性があるので、吸着力がよいことが特長です。
しかし、入れ歯・義歯の厚みが増すため、患者様によっては違和感を感じる場合もございます。

ミラクルデンチャー

1本の歯さえ残っていれば装着できる新しい入れ歯・義歯です。
入れ歯・義歯を装着している感覚が以前のものに比べて大分少なく、24時間入れたままにしていても苦痛がないため、自分の歯で噛んでいるような食感を得ることができます。

teeth-img-link

金属床義歯

総入れ歯・義歯の床(下に当たる部分)を金属でお作りするので、丈夫で長期使用でも割れにくく、また耐久性がよく熱が伝わりやすいので、お食事の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。

© 2018 下北沢西口歯科クリニック navico